ニキビ跡消す > ニキビの種類について

ニキビ跡消す-ニキビの種類について

ニキビにはいくつかの種類があります。どのようなニキビができたかによって対策も異なってくるので、ニキビ化粧水についてあれこれ考える前に、まずは自分のニキビがなんなのかについて知っておきましょう。

まず、初期のニキビとも言えるのが白ニキビで、白く見えるのは毛穴につまった皮脂です。 白ニキビは、その名の通り白く見えるのが特徴で、毛穴が古い角質でふさがれたことが原因で発生します。

次に、黒ニキビというものがあります。 黒ニキビは白ニキビとは逆で黒っぽく見えるニキビのことなのですが、これは毛穴の中に角質や皮脂が溜まってしまうことにより発生するのが特徴です。

一般的に、「ニキビ」といえば、赤くて目立つもののことを想像するのではないでしょうか。 これは赤ニキビといい、白ニキビや黒ニキビが悪化すると赤ニキビになってしまいます。

つまり、白ニキビや黒ニキビといった初期の段階で治療をすることができれば、目立つ赤ニキビには繋がらないということですよね。 ニキビの原因としてアクネ菌というものが有名ですが、アクネ菌は角質で毛穴がふさがれた場所で繁殖しやすいという特徴を持っています。

アクネ菌が増えると肌に炎症が起きてしまい、これが赤ニキビに繋がるのです。 状態が悪化し、黄ニキビとなってしまうと、大きくて目立つものになってしまいます。 この状態になってしまった場合、できれば皮膚科の受診をおすすめします。

どの状態のニキビであっても、できるだけ早く治療することを心がけましょう。 赤ニキビや、赤ニキビが悪化した状態になってしまうと、ニキビ跡として残ってしまう可能性が高くなります。

ニキビ跡になると完全に目立たなくなるまでには非常に時間がかかり、場合によってはずっと凸凹が残ることもあるので、正しいニキビの治療法について理解し、治療に取り組んでいくことが大切です。

ニキビができたらとりあえず潰しているという人もいるようですが、潰してしまうと跡ができる可能性も高くなるので注意しましょう。